海洋深層水 

ここ最近さまざまなところで耳にする海洋深層水というワード。読んで字のごとく海の奥深く分布している水のこと。海洋学の上では地球上の2か所、グリーンランドと南極海で作られている深層水のことらしい。

これは2千年も時間をかけて世界中を移動している水で千年単位の地球の気候にも影響しているのだとか。私たちが一般に聞く産業に利用される「海洋深層水」とはこれとは違って分布している地域やどこのものというのは問われずに、深度200M以下にある海水をいうことになりそうです。海水の約95%がこれに該当するらしい。

海洋深層水を使った○○…など様々なものに使われるものですが、どうして海洋深層水なの?といえば表面の海水に比べクリーンであること、ミネラル等栄養が豊富なこと、低温で安定していることが挙げられますね。清浄性という点からいえば人的な汚染水(たとえば川の水など)の影響がないために化学物質の汚染がありません。

また深度が深いために太陽光が届かずプランクトンが育ちませんから有害な雑菌が繁殖しにくいという特徴があります。またそのために海面などから沈んでくる魚などの死骸が分解されて作られる無機栄養塩類が消費されずに残っているのです。

ミネラル等の栄養が豊富なのはそのためです。そんな成分とともに水温も年間を通して一定しています。当然水質が安定するわけです。

1930年代に低温の水質という特徴に限定されて取水されたのが始まりといわれていますが、ミネラルや栄養が豊富なことや清浄性に優れていることに着目して産業利用のための研究開発を始めたのは日本で、その技術は最先端といわれています。まずはクリーンで栄養豊富な海洋深層水でアワビなどの養殖に利用されました。

また健康づくりのための利用もされています。タラソテラピーに使われるなど海洋深層水利用の温泉施設なども増えています。また低温性を生かした食品の冷却や空調設備などにも活用されています。海洋水なので塩分を除去しますが、ミネラルウォーターや特定保健用食品の開発にも役立っています。

アルコール類にも利用されたり、清涼飲料水にも使われているものがありますね。ミネラルバランスが人の体液に近いと言われていて臓器保存液など医療現場でも活躍している海洋深層水なのです。

Comments are closed.

Powered by: Wordpress