日本の水

水道水はもちろん市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーの水など日本のお水にこだわった商品が増えてきました。昔はミネラルウォーターというと外国のお水といったイメージがあったはずです。

日本のお水と外国のお水、(特にミネラルウォーターのメーカーとなるとヨーロッパが多いでしょうか…。)の違いってなんでしょう?いろいろな活用や製造方法があるでしょうが、原料は地下水ですよね。日本の地下水の場合国土の問題や地形にもかかわってきますが、地下にとどまっている時間が短いのが特徴です。

そのため地中のミネラルの影響がさほど高くはありません。ミネラルが少ないというわけではありませんがその影響が少ないということです。こういうタイプのお水を軟水と言いますね。反対にヨーロッパ各地は大陸で石灰岩が多く地下の滞在期間が長いためにミネラルが溶けすぎて硬水となります。

その場所によって硬度もさまざまで軟水に慣れ親しんでいる日本人が飲むとおなかを下す人もいるくらいのお水もあるらしいですね。ヨーロッパではお水を飲むという習慣は定着していないし、石鹸の脂肪酸と結合して水に溶けない状態になってしまうので、石鹸の泡立ちは期待できないということです。

こういうお水の違いは単に飲めるとか飲めないとかいうだけでなく、食生活に大きな違いを生みますね。水を使って煮込んだりするよりは蒸したり、炒めたり、ほかの水分(ワインとか牛乳など)を使って調理をすることが多いのがヨーロッパです。日本食はゆでたり煮たりすることが多いですよね。

同じことがワインづくりが盛んなヨーロッパではうなづけることです。ブドウを発酵させるワインはお水を必要としません。日本酒はおいしいお水が重要です。ヨーロッパといえどもイギリスは島国で日本と地形という部分では共通しています。したがってお水も硬水ではなく軟水なのです。

イギリスのワインって聞かないけどウィスキーが作られるのは有名ですね。これは軟水であるおいしいお水が必要だということになります。日本は小さな島国ゆえの独特な食生活や文化がありますが、それにはお水の存在も大きくかかわっていることになりますね。

Comments are closed.

Powered by: Wordpress